logo17.jpg



目次
1・ゴルフに対する悩み事とは?

2・僕が何故急にゴルフが上達したのか?

3・何故、ゴルフ練習法に詳しくなったのか?

4・類似マニュアルと比較してみました

5・間違ったゴルフ練習をすると?

6・ヒロシからのメッセージ



situmonbana.jpg


􀞣やらないとどうなる?􀞤􀀂 􀟩􂸥􀩐􀧻􂷩


間違ったゴルフ練習をすると?

今日は、間違ったゴルフ練習をしていると恐ろしいことになる
お話しをしたいと思います。


打ち方が悪かったり、練習過多になるとゴルフエルボーになります。


ゴルフエルボーとは肘痛のことです。


別名、ゴルフ肘とも呼ばれています。


スイング時に肩に力が入りすぎると、その力と手を握る力の
両方の力を受けてしまうため肘に負担がかかります。


そのような打ち方をしていると肘が痛くなります。


これは特に筋肉の退化が始まる高齢者の方に多い症状です。


さらに間違ったスイングをしていると腰痛になる確率も高くなります。


正しいスイングをすれば腰への負担は少なくなりますし、
怪我もしにくくなります。


悪いもしくは無理なスイングをしていればそれだけ
負担は増えますから腰痛や怪我は起こしやすくなります。


ただでさえ、ゴルフは腰に無理をさせるスポーツです。


その上間違ったスイングを続けると、間違いなく腰痛の原因になります。


また、同じスイングでも負荷が変われば負担も変わります。


力のあるヘッドスピード速い人は逆を言えば体への負担は大きいと言う事です。


ちなみに、タイガー・ウッズでさえ、腰痛と戦っているのは
有名な話ですからね。


また、僕の友人に変な打ち方をしてギックリ腰になった人がいます。


ゴルフは一定の姿勢で一方向にほぼ同一運動を繰り返すので、
同じ部分に負担がかかり、筋肉をねじってしまったり、
腰を悪くしたり、時には肋骨を折ってしまうこともあるそうです。


あなたも、ゴルフをしていて肘痛や腰痛に悩まされたことは
ないですか?


もし、今迄そんな経験をしていなくても今後なる可能性もありますよ。


ゴルフは、理想的なスイングをすることが体にも良いスイング
だと言われています。


身長や手足の長さ、骨格の大きさなど人によって様々に異なって
いますよね。


なので、この理想的なスイングというのも人によって違うわけです。


スイングの悪い癖がつくと矯正するのにとんでもなく時間がかかる
そうです。


私のゴルフ仲間から聞いた話によると・・・


我流でゴルフを初め、壁に突き当たってからレッスンプロの指導を
受けたそうです。


その人は、我流のスタイルから抜け出すのに2年の歳月がかかったそうです。


しかし、少し不調な状態に成った時に、昔の無理なスイングの癖が
顔を出し自ら崩れていくそうです。


間違ったスイングが体に染み付いてなかなかなおらないそうです。


こうなると自分にあった正しいスイングを確立するのにとてつもなく
時間がかかるそうですよ。


末永くゴルフが楽しめるように、いち早く正しい理想のスイングを
手に入れることをお勧めいたします。


もっと最悪なのが、間違った練習を続けると練習ではなく
ただの『ヘタ固め』になってしまうことです。


私の友人に独学でゴルフをしている人がいました。


アプローチなんてボールがもったいないと思い、練習場で
ドライバーばっかり振り回していたそうです。


そして、どんなクラブも思いっきり全力で振っていたそうです。


もちろん、そんな状態では100を切ることなんてできませんし
1ラウンドでボール1ダース紛失なんてザラでした。


そして、いつものように練習した後、胸に激痛が走り、病院に
駆け込むと肋骨の疲労骨折と診断されたそうです。


その時の先生に『正しいスイングを習わないと、また折れるよ』
と言われたそうです。


それ以来高額なレッスン料を支払いスイングを修正してもらった
そうです。


そしてそれ以来ケガしなくなっただけでなく、今ではシングルに
なることが出来て最近では競技ゴルフにハマってます。


もし、あなたが練習法でお悩みならご相談下さい。


僕でお役に立てることがあればお手伝い致します。わーい(嬉しい顔)


御気軽にご質問してくださいね。


ご質問がある場合はこちらるんるん


本気でゴルフ練習法や上達法に悩んでいたり、腰痛などの
不安を抱えているならこちらを購入した方が
手っ取り早いです。


僕の経験上、価格以上の価値はありますので・・・。


次回は僕からあなたへメッセージがあります。


同じ悩みをもつ仲間として、よろしければお話を聞いてください。


ヒロシに質問する? 


僕からのメッセージとは?>>>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。